HOME>組織概要

 組織概要
 NHLとは
 NHLの用途
 資料室
NHLの歴史
−NHLの耐久性
−NHLの環境性能
−NHLの規格
 お知らせ

 

 


日本NHL委員会は、それまで殆ど知られていなかったNHLについて知見を深める目的で研究機関、輸入企業、左官店、建築設計者を中心に発足しました。

目次
沿革
設立趣旨
委員長ごあいさつ

沿革
2002年9月 NHL研究会として発足
2003年4月 日本NHL委員会に名称変更

設立趣旨
日本NHL委員会では、NHL(天然水硬性石灰)の研究開発を中心に、建築分野におけるNHLの普及を促進するとともに、石灰の多様な利用法の創出を目的にしています。原則的には、下記に挙げられるNHLの優位性をもとに利用の推進を行っています。

@NHLの環境適合性
ANHLの多様な機能特性と利用形態

日本NHL委員会の事業項目として、皆様が安心してご利用頂けるよう、NHLの品質向上を目指し、下記の活動を行っています。

@NHLの基本性能の研究および評価
ANHLによる施工方法の開発支援
BNHLの材料としての規準化

委員会では、NHLが秘めたすばらしい性能を解明し、皆様に紹介していきたいと考えております。

委員長ごあいさつ

 材料の確かさは、歴史を見ることでその本質が判断できるものと考えています。水硬性石灰は、天然水硬性石灰を含め、実感のある素材として当初感じられました。水硬性石灰の歴史が紀元前に遡ることを知り、その感覚は確かさを深めました。
 実感のある素材とは、解釈が難しいものの、感覚的には理解できるものと信じています。手触りや温度、匂いや雰囲気、このような感覚は空間として不可欠であり、疎かにすることは出来ません。
 このように実感のある素材を「本物の素材」と呼ぶことにしておりますが、同時に「本物の素材」とは何であるのかという問いかけを常にしております。この問いかけを皆様と共有することで、真に豊かな空間を創造できると信じております。
 
日本NHL委員会では、議論や研究、作業を通してこの問いかけに対する水硬性石灰の役割を高めていきたいと強く希望しております。

日本NHL委員会 委員長 池田勝利
ktikeda@nhljp.org

ページの先頭へ戻る

Copyright © 2006 [NHL committee of Japan]. All Rights Reserved. http://www.nhljp.org